別れさせ屋に頼んで人生リスタート

私なりの警告だったんですよ

別れさせ屋に依頼したのは、私なりの「警告」だったんです。だっていつになっても離婚しないんですよ。「離婚してから結婚しよう」と言われてから二年くらい経つのに、離婚が進んでいないというか、そもそも離婚していないんです。私を縛り付けているだけなのか、それとも自己陶酔してそんなことを口走ってしまったのか。どちらなのか分かりませんけど、私にだって堪忍袋の緒ってものがありますからね。それで別れさせ屋に依頼しました。自分から離婚出来ないなら頼んで離婚してもらうしかないじゃないですか。それでどうやら離婚の方も進んだようで、そうしたら急に私に対していろいろと言ってくるようになったんですよ。それで私としても面倒に思えてきたので、結局そのまま彼とも別れました。彼が好きだったんじゃなくて、不倫をしているっていうシチュエーションに私も酔いしれていただけなのかなって思ったら、彼の結婚なんてどうでもよくなっちゃいました(笑)

作戦のようなものですね

この前別れさせ屋に相談しに行ったんです。それは今付き合っている職場の先輩についてです。体の関係はあるんです。職場の飲み会の後、二次会の流れの中で…という形だったんですけど、そこから付き合ったかのように思ったら、その先輩は既婚者だったんです。先輩の同僚から「あいつ結婚してるから気を付けろよ」って事後に言われても遅いじゃないですか。そこで私は物凄く惨めな気持ちになってしまったんですよね。これはもう許せないなって。別れたいというよりも、鉄槌を下したいって気持ちが湧いたんです。だから別れさせ屋に相談しに行ったんです。その彼と奥さんを別れさせることが出来るのかと言う相談ですけど、別れさせ屋としては出来ると。それで依頼しました。一か月ちょいくらいしたら別れたと報告を受けました。すると、先輩からの連絡も増えましたけど、私を騙していたんです。話なんて聞く必要もないなって思って無視を続けているんですけどいい気味です。